読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

もちこの部屋

おもしろくしたい人生

バンジージャンプしてきた①

 鷲羽山ハイランド

さて、3馬鹿でやりたいこと『バンジージャンプ』を行おうと思う

近場のバンジースポットを調べると岡山の鷲羽山ハイランドが一番近いことがわかった

www.w-highland.co.jp

 

ネットの噂によるとなかなかカオスな遊園地らしい。

背中に伝わる冷や汗を感じながらも、我々は足を進めた。

 

 

児島駅から鷲羽山ハイランドまでバスが出ている。時間があったので駅付近を探索したが、あまり目ぼしい物はなかった。いいお天気。

f:id:mochimochimochico3:20170204161541j:plain

 

10分ほどで鷲羽山ハイランド前に到着した。外から見て錆さびしている、、、。

生きて帰れるか不安を感じさる外装だった。店員さんの説明をきき、いざ園内へ。

 

 

平日だったので、私たち3人(もえみ体調不良)と地元のJKしか見当たらなかった。

 

f:id:mochimochimochico3:20170204161549j:plain

 

お腹がすいたので、昼食をいただくことに。

遊園地クオリティ、期待してはいけない。お弁当を持っていくことを進める。

平日のためか、売店の店員は1人しかおらず、ご飯の種類も少ない。

f:id:mochimochimochico3:20170204161545j:plain

ココナッツとアサイしかない。うけた。

 

つっちー:「なんか、すごいね。」

ばやし:「う、、うん」

f:id:mochimochimochico3:20170204161601j:plain

f:id:mochimochimochico3:20170204161553j:plain

ご飯を食べていたら、4人のブラジル人らしき人たちが踊り出した。

白色はすごく頑張ってた。でも赤色はやる気皆無だった。お客がいないので、盛り上がりに欠けるステージに同情を覚えた。途中で白色に呼ばれて一緒に踊った。

 

 

いい天気だな~

f:id:mochimochimochico3:20170204161609j:plain

 

 

 いざバンジージャンプ

f:id:mochimochimochico3:20170204164415j:plain

 

誓約書を書き、ハーネスをつけ、説明を聞く。3人とも興奮と不安で目がかっぴらいていた。